この会社を選んだ「動機」、「きっかけ」を教えてください

学生時代にシステム設計、開発について勉強していた私は、当然システム開発会社への就職を希望し、就職活動を続けていました。ところが、なかなか縁のある会社と巡り合えず、不安と焦りが膨らんでいく一方でした。しかし、諦めずに「自分を必要としている会社はある」と開き直り、他のIT系も探しはじめたところ、読売システック(当時は読売西部サービス)の求人情報に目が留まりました。業務内容は新聞制作の支援でしたが、面接時に小規模な開発も行っていると伺い入社の意思をお伝えしました。ちなみに私の家系はアンチ巨人ですので、とても悩みました。

入社してから現在に至るまでの経験(ターニングポイント)を教えてください

日々のサポート業務、PCキッティング用の必要なマスタイメージ作成、イベント・災害取材用の取材本部設営など様々なことを経験してきました。システム開発業務もその内の一つです。
一度システム開発のために3ヶ月間、開発業務に専念する機会が与えられたことが私のターニングポイントです。
それまでも開発業務は行っていましたが、日々の業務の空き時間を使っての作業でしたので、仕事に対する手応えや自身の成長を実感できませんでした。
そのような気持ちの中で、この期間中は2つのプロジェクトを担当しました。
どちらのプロジェクトでも要件定義から設計、実装、テスト、導入までの一連の流れに携わることができ、いい経験になりました。当初は正直言って不安でした。開発をしたい気持ちで一杯でしたが、仕事を任されたプレッシャーに押しつぶされそうでした。しかし周りにサポートしていただき、無事リリースすることができたことは大きな自信に繋がりました。

これからの目標を教えて下さい

最近は、グループ外への事業拡大を目指して動いています。
昨年から単独でグループ外企業へ営業活動を行い、受注した仕事を処理するといったことを始めました。
外販事業のある会社でしたら当たり前なのでしょうが、弊社は内販中心の会社なので、参考できるようなノウハウが無く、ほとんど手探り状態でしたので苦労しました。
ただその苦労のおかげで、今までにない内容の仕事を経験することができました。
今後も新規顧客を開拓し、会社の収益向上に貢献したいです。

PAGE TOP