この会社を選んだ「動機」、「きっかけ」を教えてください

まだ就職活動をしている生徒がほとんどいない時期、
ある日、「理事長から話があるから来てもらえる?」と呼び出され、
促されるままに、理事長室へ入りました。
「元気のあるやつを探している会社がある。君を推薦したいんだがどうかね」
と、問われました。
(おそらく私をよく知っている教員が、体調不良で休んだことのない体の丈夫な私を紹介したのだと思います。)
突然のことで面喰ってしまいましたが、就職先の目星すらついていなかった私は、とりあえず業務内容を聞くことにしました。
いくつかの業務内容を聞く中で、取材支援業務に興味を持ちました。
プロ野球の球場やオリンピックなど、日常では踏み入る事のない最前線の現場に入れる事に興味を持ち、読売システックを受ける事に決めました。

入社してから現在に至るまでの経験(ターニングポイント)を教えてください

2008年のメディアセンターとの出会いです。

入社後2年間は、パソコンサポート、取材支援を担当しました。
入社するきっかけとなった、プロ野球の取材にも同行することができました。
その他にも、被災地への取材同行、イベントでの取材本部設営などさまざまな業務を経験しました。

北京五輪が開催された2008年、五輪の記録処理を行う業務でメディアセンター(現在の所属部署)に手伝いに出る事になりました。
内容としては、読売新聞オンラインに掲載する記録のテンプレート作りでした。
PHPのテンプレートエンジンであるsmartyを利用したのですが、smartyのsの字も知らなかった私は、分からないことだらけで、勉強しながらの開発となりました。
大変な事だけではありませんでした。思った通りにページが生成された時の喜びは今まで味わったことのない感動がありました。
この業務を機にメディアセンターの他の業務にも興味を持つようになり、気づけばメディアセンター10年目となりました。

これからの目標を教えて下さい

私たちの業界は常に新しい技術が誕生し、
日々の勉強、情報収集が不可欠となります。
現在私は、クラウドサービスのMicrosoftAzureについて勉強しています。
世の中的にも、オンプレミスシステムからクラウド化の流れが進んでおり、
クラウドについての知識は必須になります。
今後より一層知識を深め、幅広い業務の受注を目指したいと思っています。

PAGE TOP