エントリー受付中
PERSON

新聞システム部 早川さん|2003年度入社

この会社を選んだ「動機」、「きっかけ」を教えてください

私が入社した2003年は「就職氷河期」と言われた不景気な時代で、積極的に採用を行っている会社は殆どありませんでした。親や周りの大人から「ちゃんとした会社であればどこでも良いから就職してくれ!就職できなくなるぞ!」と脅かされていました。

そんな中、学校説明会で来校した当社の採用担当者から「読売システックは今後、読売新聞社から多くの仕事を受託し、新聞社の色々な仕事に携われるよ。」と説明を受け、その場では新聞社の技術社員のイメージが湧かなかったため「百聞は一見にしかず」と会社説明会に行きました。

社内には不景気と思えないほど活気があり、仕事内容と雰囲気が自身に合いそうなことと、大手グループ企業で親を安心させられると思い応募することにしました。

入社してから現在に至るまでの経験(ターニングポイント)について教えてください

入社後、私は「取材支援」という部署に所属しました。これまでの職場経歴の中でも保守範囲が広く色々な経験をした部署です。

特に印象深いのは東日本大震災です。私は地震発生4日目に現地入りしました。それまでに色々な被災地で読売新聞社の記者やカメラマンの取材支援活動をしましたが、この時ほど広範囲でライフラインが破壊された災害は体験したことがありませんでした。停電になるとテレビやパソコンからは情報が得られなくなり、スマホとラジオも電池が切れれば使用できません。その点新聞は現地へ運ぶことさえできれば、被災者や読者がその地域の情報を得ることができます。また、誰もが何度も読むことができるので情報を聞き逃す事もありません。

速報性の観点では新聞が他媒体に劣ると言われて久しい昨今ですが、私はこの時の経験から、新聞を発行するという社会的な意義と重要性を実感しました。

これからの目標を教えて下さい

今は「新聞システム部」に所属し、新聞発行の心臓部にあたるサーバーの管理や保守をおこなっています。常に新聞の締め切り時間を意識しながら運用するのは大変ですが、その分やりがいもあります。

新聞社のシステムは多種多様で、多くのサーバーが必要となります。そう聞くと皆さんは広大なサーバールームに膨大な数のサーバーが設置されているイメージを描くと思いますが、それは一昔前の話です。今は仮想マシンやクラウドコンピューターを利用しているため、設置されている実機の数はそれほど多くはありません。

そしてこの先も新たな技術が開発され、状況は変わっていくでしょう。最新の技術を分からない様ではプロの技術者とは言えないので、日進月歩で進んでいく技術に取り残されない様、今後も勉強し続けようと思っています。よかったら是非一緒に仕事しませんか。

1日のスケジュール

朝 起床

朝の飲み物は、その日の気分でコーヒーか紅茶のいずれかを選び分け

出勤
出社したら、メール、チャットで一日のスケジュールのチェック
当番の引継ぎ、情報共有

正午

昼食
忙しい日は丼ものを選び手短に終わらせることも

当番が手隙時間に手持ちの仕事を順次処理

退勤後

コロナ禍で飲みに行くという訳にも行かないので、直帰

愛妻料理の晩御飯を食べる

子供を寝かしつけ、そのまま一緒に就寝

就寝

休日の過ごし方

愛車に乗り込み一家で実家へ。
孫を溺愛するおばあちゃんは待ちきれず車までお出迎え。はしゃぐ子供を託し、私は駐車場で普段できない愛車を洗車!丁寧に磨いて愛車がピカピカになる爽快感。

洗車の後は、私の帰省まで貯めてあったパソコン関係の疑問や頼まれごとを一気に処理し、祖母も連れて近くの複合施設でお買い物。おばあちゃんからおもちゃやお菓子を買ってもらい、子供達もご満悦。それが済んだら道路が混む前に自宅へ。疲れた子供達が車で寝ない様にタブレットで動画を見せて、私は安全運転。道中、必死に起こしていたので子供達の寝つきの良さは最高!
私もお酒を少々嗜んだ後に睡眠。
こうして充実した休日は終了―。